【現地調査】コンビニで売ってる豆腐バーって、まずいの?ダイエットにいい?

 

ダイエットにいいと言われる食品はいろいろありますが、コンビニで買えるお手軽なダイエット向きの食品はご存知ですか?

 

その名も「豆腐バー」。発売当初は相当な人気で、製造が追いつかないほどだったようですが、最近ではどうでしょうか?

「たんぱく質が手軽に摂れて、ヘルシー!」

「美味しくて、ダイエットにぴったり」

という口コミがある一方で、

「豆腐バーは味がしなくてまずい」

「ぼそぼそして豆腐そのもの」

という否定的な意見も。 コンビニで約10年働いた元てんちょーとしては、その真偽を確かめなくては…!と、大手コンビニ3社で豆腐バーの取り扱いがあるのか調べました。

「豆腐バーって美味しいの?まずいの?」

「豆腐バーを食べてみたいけどどこで売ってるの?」

という方におすすめの記事です。実際に食べて美味しいのか?まずいのか?ダイエットに向いているのか?など、まとめたのでご紹介します。

以前、同じようにプロテインバーについてまとめた記事はこちらです。

一本満足バープロテインの味や栄養成分に販売情報【コンビニで買える】
大人気のプロテインバー「一本満足バープロテイン」を実食レビュー。たんぱく質量やアミノ酸やビタミン配合で味もおいしい。箱買いレビューや朝食にしてみての腹持ちレビュー、たんぱく質1gあたりのコスパ比較も掲載しています。

1.豆腐バーとは?どこで買える?ダイエットできる?

気軽な豆腐バー

*Asahico公式サイトより画像引用

 

「豆腐バー」は、豆腐や豆腐加工食品の製造・販売を行っている株式会社アサヒコが、2020年11月に発売しました。

ダイエット中の人やアスリートなどにコンビニで人気の「サラダチキンバー」と同じように、 手軽に食べられて良質なたんぱく質が摂れるようにと開発された「豆腐バー」は、発売当初は生産ラインが間に合わないほどの人気で、店頭から消えたといううわさも。

そんな「豆腐バー」1本(68g)には、良質な植物性たんぱく質が10g含まれています。なんと、絹ごし豆腐のたんぱく質量の約2.7倍だそう…!

製造販売元の株式会社アサヒコの公式サイトによれば、現在は全国のコンビニやスーパーで取り扱いがあるようです。

1-1.ファミマでは豆腐バーを売ってる?

元てんちょーが訪れたファミマでは、サラダチキンバーやタンスティックなど、似た形状のたんぱく質が摂れる商品はありましたが、残念ながら豆腐バーはありませんでした。

店舗によっては取り扱いがあると思うので、気になる方は探してみてください。

1-2.ローソンでは豆腐バーを売ってる?

同じく元てんちょーが行ったローソンでは豆腐バーは売られていませんでした。定番のサラダチキンバーやカニカマスティックのほかに「ホタカマスティック」「エビマヨスティック」「サラダチキンスティック 炙りチーズ」なる商品はありました。

しかし、このローソンのラインナップはおつまみ系に寄っている感じがします。

ツイッターなどの口コミによれば、ローソンで豆腐バーが売られているという情報がいくつかあったので、販売している店舗もあるはずです。

1-3.セブンイレブンでは豆腐バーを売ってる?

セブンイレブンでは、3種類の豆腐バーの取り扱いがあります。

公式サイトによれば、いずれも販売地域は「全国」となっているものの、一部地域や店舗により、取り扱いがない場合もあるようなので気をつけましょう。

元てんちょーがセブンイレブンの店内を探してみると、サラダチキンやチキンバー、サラダ用の葉物などのコーナーに鎮座していました。

この店舗では基本らしい「7P豆腐バー和風だし」と、具だくさんの「7P枝豆とひじきの豆腐バー」 が入手できました。

公式サイトにも掲載されているセブンイレブンブランドの商品なので、豆腐バーを買いたい場合はセブンイレブンに行くのが無難です。

しかし、店舗によっては取り扱いがない場合もあるので注意してください。

2.豆腐バーの値段は?

セブンイレブンで取り扱いのある豆腐バーは全部で3種類です。

セブンイレブンの公式サイトに掲載されている価格は、下記の通りです。

「7プレミアム 豆腐バー和風だし」 128円(税込138.24円)

「7プレミアム 枝豆とひじきの豆腐バー」 158円(税込170.64円)

「7プレミアム 豆腐バー柚子胡椒風味」 128円(税込138.24円)

いずれも200円もしません。

若干中途半端な金額ですが、おにぎりやお弁当にプラスして購入したり、小腹が空いたときにも購入しやすいのではないでしょうか?

枝豆とひじきの豆腐バーは税込170.64円ですが、あとの2種類は140円しないのでかなりお手頃価格です。

「セブンプレミアム」ブランドですが、製造は株式会社アサヒコです。そして、アサヒコから発売されている豆腐バーは2種類あります。

「豆腐バー 旨み昆布」

「豆腐バー バジルソルト」

価格は公表されていません。店舗によって異なると思います。

3.豆腐バーの種類は?

つまり、豆腐バーは今現在、5種類あります。どれも1本あたり10g以上のたんぱく質が含まれています。

3-1.7P 豆腐バー和風だし

昆布と鰹の和風だしで味付けして焼き上げたもっちり弾力のある食感の豆腐バー。

香料は使用していないので、自然なだしの風味を楽しめます。

3-2.7P 枝豆とひじきの豆腐バー

豆腐バーの中で唯一の具材入り。枝豆とひじきの具材入りの食べごたえある豆腐バー。

ほんのり甘い、ひじきの煮物の味付けで、おかずとしてもぴったり。

3-3.7P 豆腐バー柚子胡椒風味

柚子胡椒風味で味付けして焼き上げた豆腐バー。

もっちり弾力のある食感に、爽やかな柚子胡椒の風味でさっぱりと食べられます。お酒のつまみや、和風サラダのトッピングにもぴったり。

3-4.豆腐バー旨み昆布

豆腐に合う昆布だしと、しいたけエキスで旨みを引き出した味付け。

まろやかなだしの中にコクと旨みを感じられ、飽きの来ない味わい。

3-5.豆腐バーバジルソルト風味

野菜のエキスで味付けし、バジルで香り付けした洋風の豆腐バー。そのままではもちろん、ワインに合わせたり、カプレーゼや洋風のサラダのトッピングにも便利。

4.豆腐バーの栄養成分を比較!ダイエットに向いてるのはどれ?

豆腐バーのカロリーやたんぱく質量はどうでしょうか?5つある商品の中でもどれがダイエットに向いているのか、調べました。

4-1.セブンの「7P豆腐バー和風だし」の原材料名・栄養成分

1本当たりのカロリーは111kcal。

たんぱく質は10.9g、脂質7.1g、炭水化物1.0g(糖質0.5g/食物繊維0.5g)、食塩相当量0.6gです。

4-2.セブンの「7P枝豆とひじきの豆腐バー」の原材料名・栄養成分

1本当たりのカロリーは163kcalで、具材が入っている分、和風だしよりやや高め。

たんぱく質は10.7g、脂質10.7g、炭水化物6.7g(糖質5.3g、食物繊維1.4g)、食塩相当量0.8gです。

以下のように、5種類の豆腐バーの栄養成分の違い(1本あたり)をまとめてみました。

表にしてみました。

 

カロリーだけで言えば、アサヒコの「豆腐バー 旨み昆布」が最も低く106キロカロリーです。

セブンイレブンの「枝豆とひじきの豆腐バー」が、具材が入っている分最も高いカロリーになりました。

たんぱく質はいずれも10.7g~10.9gで大きな違いはありませんでした。

脂質は6.5gの「豆腐バー 旨み昆布」が最も低く、ほかの具材なし商品は7.1gで同じでした。

炭水化物は1.0g前後の4商品と比べ、セブンイレブンの「枝豆とひじきの豆腐バー」だけは6.7gと一番高い結果に。1日の炭水化物を20g以内に収める「炭水化物抜きダイエット」などをしている人は、「枝豆とひじきの豆腐バー」以外の豆腐バーを選ぶと良いと思います。

糖質が最も低かったのは、アサヒコの「豆腐バー バジルソルト風味」の0.1gでした。「糖質制限ダイエット」をしている人には「豆腐バー バジルソルト風味」が最もおすすめです。

とは言え、ほかの4商品も0.5g~5.3gの糖質なので、ほかの食品と比べると十分に低いと言えます。

糖質制限ダイエットでは1日当たりの糖質を70〜130gに制限するので、自分のダイエットに合わせて選んでください。

食物繊維は0.5g~1.4gで、食塩相当量は0.6g~0.8gでした。高血圧など塩分が気になる方には、「枝豆とひじきの豆腐バー」以外の4商品がおすすめです。

5.ダイエット豆腐バーの味は?

今回、元てんちょーが入手できた豆腐バーは、セブンイレブンで販売されていた、こちらの2種類です。

手軽に片手でたんぱく質が摂れるのがいいですね。

まずは、シンプルな和風だし味から。パッケージを開けてみると、ぎっしり詰まった感じの豆腐の姿をしています。バーと言うだけあって、柔らかさや持った時のふにゃっと感などは全くありません。

早速一口食べてみると、ほんのり塩味のきいた豆腐という感じで、だしの存在感は控えめです。食感はサラダチキンのようにも感じられ、これはかなり食べごたえがあります。

豆腐の感じはしっかりあり、豆腐特有のぼそぼそした感じはあるので、「まずい」という人はそもそも豆腐があまり好きではないのかもしれませんね。

元てんちょーとしては、豆腐がギュッと凝縮された感じで美味しいと思いました。ローソンの「からあげクン」の衣をとって少しヘルシーにした感じもするので、からあげを我慢したいときにもいいかもしれません。

続いて、枝豆とひじきの豆腐バーも試してみましょう。こちらはわりと甘めな味付けで、まさにひじきの煮物を豆腐バーに閉じ込めた感じです。

ひじきや枝豆の食感がちょうどよく、いろいろな食感が加わることで、より食べごたえを感じます。

これ一本で完成されていて、おにぎりと一緒に買えば満足感もあってバランスも良さそうなのではと思いました。

これは、ダイエットとかたんぱく質摂取といった目的がなくても買いたくなるぐらい美味しいです。ヘルシーなおつまみとしても活躍しそうです。

豆腐バーは全体的にカロリーが低めで、満足感はあるので、ランチや小腹を満たしたいとき、お菓子代わりに食べても腹持ちが良さそうです。

賞味期限もわりと長めのようなので、まとめ買いして冷蔵庫にストックしておいてもいいですね。

6.サラダチキンバーとの値段や栄養成分の比較、味の違いは?

コンビニの定番、サラダチキンバーとの値段や栄養成分の違いを比べてみましょう。

セブンイレブンの定番のサラダチキンバー「7プレミアム サラダチキンバー」と、最もシンプルな「7プレミアム 豆腐バー和風だし」を比較してみます。

価格はどちらも、128円(税込138.24円)です。

「サラダチキンバー」の1本当たりのカロリーは65kcal、「豆腐バー和風だし」のカロリーは111kcalでサラダチキンバーの方がローカロリー。

「サラダチキンバー」は、たんぱく質:13.4g、脂質:1.2g、炭水化物:0.0g、食塩相当量:0.8g

「豆腐バー和風だし」は、たんぱく質:10.9g、脂質:7.1g、炭水化物:1.0g(糖質0.5g/食物繊維0.5g)、食塩相当量:0.6g

・・・ということで、栄養成分としては「サラダチキンバー」の方がやや優れているようです。

ただ、ほんの数グラムの違いで“痩せる・太る”が決まる訳ではないので、好きな方を食べたらいいのではないでしょうか?

食事制限だけでなく、筋トレや有酸素運動などと組み合わせて健康的にダイエットしてください。

7.豆腐バーに関する口コミ

 

ツイッターで豆腐バーに関する口コミをいくつか集めてみました。美味しい、ダイエットに最適という意見が散見されます。

8.ダイエット豆腐バーのアレンジレシピ

ダイエット豆腐バーは味が付いているのでもちろんそのままで食べても美味しいですが、アレンジもできます。

例えば、こんなアレンジはいかがでしょうか?(写真はイメージです)

8-1.ゴーヤチャンプルーの豆腐代わりに

ゴーヤチャンプルーは固めの豆腐のほうが、本場沖縄の島豆腐に近く、本格的に仕上がるので豆腐バーを利用して作ったら満足度も食べごたえも増すのではないでしょうか。

「豆腐バー 和風だし」味や「豆腐バー 旨み昆布」味で作れば、豆腐の下味いらずで美味しく仕上がること請け合いです。

8-2.チーズのようにカナッペ風に

「豆腐バー 柚子胡椒風味」や「豆腐バー バジルソルト風味」は、薄くスライスしてチーズ代わりにクラッカーにのせて、トマトやアボカド、ハム、明太子などを添えてカナッペにするのはいかがでしょうか?

チーズよりヘルシーでお酒のつまみにぴったりです。

8-3.トマトと合わせて豆腐カプレーゼに

「豆腐バー バジルソルト風味」を、トマトと合わせて塩こしょう、オリーブオイルを振りかければおしゃれなイタリアの前菜「カプレーゼ」風に大変身。

美味しくないわけがありません!!

ぜひいろいろなアレンジレシピを試してみてはいかがでしょうか?野菜と合わせてヘルシーに食べられるのに、カロリーは控えめなのでおすすめです。

9.ダイエットに効くかもしれないコンビニで買える豆腐バーまとめ

コンビニで売っている豆腐バーについてまとめました。味は好きな人も嫌いな人もいるようです。

ただ、豆腐をギュッと凝縮していて食べごたえがあるうえ、味もついているので手軽に食べられて、元てんちょー的にはかなりおすすめです。

お酒のつまみにもいいし、おかずや小腹を満たすのにもいいですよ!満足感があり、大豆の良質なたんぱく質も摂れるのでダイエットにもいいと思います。

朝食や昼食に食べているという口コミもありました。つまり、どんなシーンでも重宝する商品かもしれません。

まだ食べたことがないという方は、販売確率の高いセブンイレブンで探してみてくださいね。